TOP > 猫の腎臓病
 ← 去勢 | TOP | 恐るべしボンビバ

猫の腎臓病 

2017年09月17日 ()
今年4月にうちに来たブリショーの男の子、ふく。
初めから随分水を飲むなぁと思って気になっていたんですが…

昨日去勢前の検査でついに判明。

お母さんのお腹の中で、腎臓がきちんと出来ていなかったと。

血液検査ではパスしたものの、やっぱり気になって行なったエコーでわかりました。
腎臓のあちこちに黒い丸がある…
そこには水が溜まってるんだとか…

まだ生後半年にもなっていないのにと、いろんな事が頭をぐるぐると駆け巡りました。

先生から詳しい話を聞いて、とりあえず去勢時に尿検査してもらって、たんぱくが出てるようだったら薬を使ってもいいかもしれないとの事でした。
腎臓だから、何を使っても直る事はないけど、少しでも進行を遅らせるためにとの事。

暴れもせずにおとなしく仰向けになってエコーを受けるふく。

よし、こうなったら出来る事はやろう。

怪しいかなって思ってから、「猫 腎臓」で検索しまくりだったので、どうすればいいかは何となくわかる。

まず、餌の切り替え、水素水も試す。

療養食もいくつかあるので、取り寄せてみよう。残念ながら今のご飯より不味いらしいので、少しでも美味しく食べられるようにする。

でも、大好きなサツマイモやカボチャは、ほんの少しなら食べよう。
我慢ばっかりはかわいそうだ。

さ、一緒にがんばろう。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2017.09.17(Sun) 08:41] Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 去勢 | TOP | 恐るべしボンビバ

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://consamama.blog88.fc2.com/tb.php/1136-6706aba5
 ← 去勢 | TOP | 恐るべしボンビバ

プロフィール

リンク

カレンダー

twitter

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

RSSフィード

FC2カウンター